ゆる節約派の自炊ライフ

日々の生活やiherbで見つけたいいと思ったものの感想など

鶏むねをおいしく食べるためにしていること

 最近値上げ傾向にある鶏むねですが、ゆる節約派にとって欠かせない食材です

 皮を取り除けば高たんぱく・低脂肪でヘルシー

 反面、80°以上で熱するとパサついたり、硬くなりすぎたり、そして高たんぱくな分プリン体が多めというデメリットも

 プリン体は細胞に働きかける重要な役割を持ち、体を動かすためのエネルギー源でもあるので普通に摂取するする分には問題はないかと思うのですが

 幸い、プリン体は水溶性なので茹でたりすることで水に溶けてその量が減ります

 以上から、鶏むねを下ごしらえする際には

  • ある程度、皮を取り除く
  • 鶏むねは厚さがあるので、厚みがある部分を開く
  • 鶏むねの表側裏側を筋繊維と垂直に当たるよう包丁の峰で叩き、フォークで適宜刺しておく
  • パサつき防止のため、鶏むねをお酒と水を入れたボウルに入れ、水分を含ませる(水の量に対して1%の塩と砂糖を溶かしておくと尚ベター)
  • ボウルから出した鶏むねの水気を軽く取って、この時点でそれぞれ適当な大きさに切る
  • そのまま料理するときは、袋に鶏むねと調味液を入れ、密閉するように口を閉じて30分くらい冷蔵庫で味を含ませてから調理する
  • 冷凍保存をするときはお酒とおろし生姜を振ってから、味付けをしたタレに漬け込んで密閉し冷凍する

という感じです

  それでは、画像付きで説明をば、

f:id:shiroinagareboshi:20170531163838j:image

 ↑48円/100gの鶏むねです

 真ん中から包丁を入れ、真ん中から下をそぎ切り、真ん中から上は厚みをそぐように開きます

 f:id:shiroinagareboshi:20170531163854j:image

 ↑真ん中から開いた鶏むね

f:id:shiroinagareboshi:20170531163930j:image

 ↑左右が逆になってしまいましたが、それぞれ、切り分けました

 筋繊維が左上:右斜め方向、右上:横とか斜めとか、下:縦方向から右下方向へ走っていることがわかります

f:id:shiroinagareboshi:20170531164000j:image

 ↑下の大きな塊の上側をさらに切り分け、それぞれ筋繊維と垂直で当たるように包丁の峰で叩き、フォークでプスプス刺しておきます

 裏側も同じように包丁の峰で叩き、フォークでプスプスします

f:id:shiroinagareboshi:20170531164215j:image

 ↑ここでひとつのボウルにつき料理のための清酒糖質ゼロと水をカップ1/2ずつ用意します

f:id:shiroinagareboshi:20170531164231j:image

f:id:shiroinagareboshi:20170531164248j:plain

 ↑それぞれ、ボウルに合わせて1カップ分のお酒と水を入れ、鶏むねを浸します

浸す時間は約20分前後にしています

f:id:shiroinagareboshi:20170531164303j:image

 ↑20分ほど浸すとお酒と水が白く濁るのでその水を捨てて、鶏むねを取り出します

f:id:shiroinagareboshi:20170531164321j:image

 ↑取り出してクッキングペーパーで表面の水分を軽く取った鶏むね

 ここからは鶏むねをどう料理するかで切り方が変わってきます

 上の写真なら、真ん中から2つに切り分けて鶏むねソテー用にしてもいいし、一口大にしてから揚げ用にしてもいいと思います

f:id:shiroinagareboshi:20170531164334j:image

 ↑これは5枚目の画像にある3つに切り分けたほうの鶏むね(約162g)を一口大にしたものです

 ここで鶏むねにお酒小さじ1とすりおろした生姜少々を振っておきます

 これを100g単位で保存袋に入れ、味付けをして冷凍保存します

f:id:shiroinagareboshi:20170531164347j:image

 ↑切り分けた鶏むね100gを味噌ダレに漬けました

 味噌ダレのレシピは

  • 味噌:料理のための清酒:砂糖=2:2:0.75

 これだけです。量の調整をしたいときは小さじスプーンで調整してくださいね

 保存袋から空気をできるだけ抜いて口元を結び、冷蔵庫で30分ほど寝かせてからジップロックフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ

f:id:shiroinagareboshi:20170531164400j:image

 100gに満たなかった分を調理しました

 鶏むねとは思えないほどジューシーなできあがり

 付け合わせはお好みでどうぞ

 私は冷凍庫にあったもやしと千切りした白菜の葉の部分があったので、鶏むねを炒める前に蒸し焼きにしました

 味噌ダレの味があるので野菜の味付けは特にしていません

 味噌は焦げやすいので炒めるときは注意してくださいね

 

 ゆる節約派のゆる節約料理でした

 ご覧いただき、ありがとうございます♪

 

 

 

 

 

私のお気に入り―おすすめ料理油

 ゆるいながらも節約をしたいなと思うとき、真っ先に削る対象となるが食費になるのかと思いますが、料理油にもちょっとこだわりたいですよね

 お買い得な食材を美味しく料理することが好きなだけかもしれないゆる節約派(笑)

 それで自炊が続くならそれはそれでいいと思うようにしています

植物油

昭和 オレインリッチ 600g

昭和 オレインリッチ 600g

 

 炒め物に使っているのは昭和産業のオレインリッチ

 その名のとおりオレイン酸が80%含まれています

 オメガ9系脂肪酸は高温に強く酸化しにくいのが特徴

 さらっとしていてクセがない料理油です

 近所のスーパーに取り扱いがないことがデメリット

 昨今の宅配事情からできるだけ通販は避けたいのですが、料理のための清酒純米と一緒にAmazonで購入しています

日清オイリオ べに花油 600g

日清オイリオ べに花油 600g

 

 オレインリッチを切らしたときに急きょスーパーで購入した日清オイリオのべに花油

 このべに花油はハイオレインタイプなのでオレインリッチと同じように使っています

 輸入原料ですが、オレインリッチのひまわり種子同様にべに花もGM作物が開発されていないので、NON-GMOと言えると思います

 低温圧搾の創健社べに花一番高オレイン酸を使えるといいんですけどね

TSUNO こめ油 1500g

TSUNO こめ油 1500g

 

  オレインリッチやべに花油は炒め物やドレッシングを作るにはいいけど、揚げ物に使うにはコストが高くなるのが難点

 揚げ物するときは酸化しにくいTSUNOこめ油を使っています

 難点は高めのリノール酸ですが、オレイン酸も高く植物ステロールがデメリットを打ち消してくれているので、現時点で揚げ物にはこのこめ油がベスト

 揚げ物をした時のにおいもないし、カラっと仕上がるのでお気に入りです

 

ごま油

九鬼 ヤマシチ純正胡麻油 340g

九鬼 ヤマシチ純正胡麻油 340g

 

 和え物、炒め物など風味と香りを出したいときはごま油を使っています

 九鬼のごま油は伝統的な圧搾製法で作られており、ふわっとふくよかなごまの香りがします

オリーブオイル

 オリーブオイルはイタリア産、スペイン産を多く見かけますが、ソル デル リマリ エクストラヴァージンオリーブオイルは南米チリ産です

 チリは気温の寒暖差がある高地にあることからオリーブ栽培に向いている気候で、エクストラヴァージンオリーブオイルの生産量が多いそう

 少し苦みはありますが、0.2%という極めて低い酸度

 まとわりつくようなしつこさがないさらっとしたオイルです

 パンにスプレッドしたり、パスタにかけたりしています

ココナッツオイル

iherb.co

 ココナッツオイルはiHerbで購入

 常温圧搾(コールドプレス)のヴァージンココナッツオイルで、精製されているタイプ

 化学物質不使用で蒸気だけで精製されています

 パンにスプレッドしたり、においがほとんどないのでバターの代わりに料理に使ってもOK

  未精製タイプはココナッツの香りがあるので、パンケーキやお菓子作りにおすすめ

 コーヒーやココアでソイラテを作るときに入れたりもしています

 次回Nutivaの未精製ココナッツオイルを買うときは、一番搾りタイプを買いたいな

 

ご覧いただき、ありがとうございます♪

 

 

私のお気に入り―おすすめ調味料

 自炊をする上で欠かせないのは調味料だと考えます

食材がその日のお買い得品であったとしても、調味料にこだわると料理が美味しくなるように思えますよね

 それでは、基本の「さ・し・す・せ・そ」のうち「さ・し・す」の愛用品を紹介

 

 600mlのペットボトルサイズで購入していましたが、消費が早いので1.8lで常備

 食塩無添加で酒税がかかり通常の料理酒と比較したら割高になりますが、余分な塩分が添加されていないことで料理の邪魔にならないこと、料理に向いたうまみ成分である酵母も入っているので煮物から下ごしらえまで活躍しています

 

タカラ 料理のための清酒 糖質ゼロ 1800mlパック

タカラ 料理のための清酒 糖質ゼロ 1800mlパック

 

 こちらは糖質ゼロ版(100ml当たり糖質0.5g未満)

 清酒はお米から作られるので糖質もそこそこあるのですが、その気になる糖質と食塩をカットし、うまみ成分の酵母を加えたまさに料理のための清酒と言えます

 鶏むね肉に水分を含ませる際にこちらとお水とを1:1の割合でボウルに入れて漬け込みます

 鶏むね肉の欠点であるプリン体も溶けでて一石二鳥

みりん

 料理が得意でなくても煮物が美味しくなるように感じる本みりん

 芳醇な香りで琥珀のリキュールのようです

 タカラ本みりん純米よりもとろみがあり甘さが強い

 すきやきの割り下を作るときにもおすすめ

 使うときは規定量の7、8分目くらいでちょうどいいかも

 

 三州三河みりんが売り切れいていた時に購入したのが、角谷文治郎商店と同じ愛知県碧南市にある九重味醂の本みりん九重櫻

 こちらも高級リキュールのようでまろやかな甘みがあります

 三州三河みりんの豪の甘さと比べると甘みは強く出ておらず控えめ

 

砂糖

 といっても、精製されている白砂糖を使っていません

 使っているのはiherbで買えるBig Tree Farmsのココナッツシュガー 

iherb.co 

 ココナッツの風味はほとんどなく、白砂糖の代替として使えます

 料理やお菓子作りだけでなく、トーストに薄く振りかけたり、コーヒーに入れたり

 煮物にも使えますよ

 

味の素 瀬戸のほんじお 1kg

味の素 瀬戸のほんじお 1kg

 

 魚に振りかけるときやキュウリの塩もみくらいにしか使わない塩ですが、瀬戸内の海水を瀬戸内で製塩している100%国産塩の「瀬戸のほんじお」を常備

 塩分摂取量が気になるので、使うときはできるだけ少なくを心がけています

 

内堀醸造 美濃 有機玄米酢 360ml

内堀醸造 美濃 有機玄米酢 360ml

 

 酢の物を作るときの定番がこの玄米酢

 ツンと鼻につかないまろやかなお酢です

 きゅうりの和え物や酢味噌にしても美味しくいただけます

 果汁を混ぜて炭酸水で割る簡単ビネガードリンクもおすすめ

 

手頃な価格で手に入る調味料と比べると割高になりますが、料理が美味しくなると自炊が捗るので外食が減り、結果として節約に繋がる、と思いたい

ココナッツシュガー以外は生協や大型スーパーに置いていると思いますので、ぜひ手に取ってみてくださいね